カサカサの乾燥肌は、一にも二にも肌を潤わせて保湿することが大切です。
極端に言えば、24時間常になんらかの形で保湿しておくことが望ましいのです。

表面が乾くと、肌を守るバリア機能が弱まり、外気の影響を受けてますますかゆくなるため、ついかきむしってしまいますよね。

かいてしまうと更に肌表面の細胞が荒れるため、ますますかゆくなってしまいます。
まずは保湿することで、肌表面を外気の刺激などから守ることが大切です。

そしてかゆいとは思いますが、とにかくかかずに我慢するしかありません。
どうしても我慢できない場合は、冷やすと多少はかゆみが止まります。
かゆいときにかくと、逆効果だという事は覚えて置いて下さい。


肌表面というのは、本来はうっすらと皮脂に守られているため、外気の刺激や細菌、ばい菌などの刺激を受けにくいわけです。
だから通常肌の場合は特にかゆみなどはないのです。

しかし乾燥肌の人は、皮脂が出にくい状態にあります。

皮脂が出にくく肌表面が守られていないからかゆくなるのであれば、とりあえずは皮脂に変わるものを塗って対処するしかありません。

でもそれではこの先ずっと、何かで肌を守り続けなければならなくなり、非常に生活に負担をかけてしまうことになります。

「奇跡の肌砂糖」は、単なる砂糖とは違い、通常のクリームなどでは浸透しにくい、肌の深層部にまで浸透しやすい特殊な砂糖を使っています。

肌表面だけでなく、その更に深いところまでを保湿することができます。
この肌表面と深層部の保湿を繰り返し行うと、乱雑に並んでいた肌細胞が整然ときれいに並んできて、見た目にもきれいな肌になってくるはずです。

ただし、奇跡の肌砂糖を使い初めの頃は、まだ肌の保湿力は弱いままなので、肌表面を守るためにクリームなどと併用したほうが良いでしょう。
奇跡の肌砂糖は薬品ではないので、処方された薬と併用しても構いません。

肌表面の保湿をクリームや薬だけに頼ることは、根本的な乾燥肌の解決法にはなりません。


今まで何種類の薬やクリーム、保湿剤を試してきましたか?
普通肌を取り戻すために、今まで考えつかなかったような思い切ったアプローチが必要となるのではないでしょうか。

今まで何をやってもどんな薬を塗っても乾燥肌がいっこうに良くならない・・・
だったら思い切って既存の方法を捨てて、違った方法を試してみてはいかがでしょうか。
多くの乾燥肌難民を救ってきた、目から鱗のこんな方法もあります。
詳細はこちら!