乾燥肌対策のむずかしさとはのカテゴリ記事一覧

  • ホーム
  • »
  • 乾燥肌対策のむずかしさとは

カテゴリ:乾燥肌対策のむずかしさとは

乾燥肌対策のむずかしさとはのカテゴリ記事一覧。カサカサ肌、かゆい赤み肌。今までどんな薬でもよくならなかった乾燥したアトピー肌に「奇跡の肌砂糖」で別方面からのアプローチ。

乾燥肌対策のむずかしさとは
アトピー性皮膚炎というのは、原因が様々なため”コレが効く!”という決定打がないのが問題なんです。主な原因は、やはり生活習慣が知らず知らずのうちに、何らかの体内…

記事を読む

乾燥肌対策のむずかしさとは
正常な肌は、皮脂が皮膚表面をまんべんなくうっすらと覆っている状態。肌を外気からの刺激から守るために、皮脂がうっすら覆うことが大切ですが、皮脂にはもう一つ重要な…

記事を読む

乾燥肌対策のむずかしさとは
乾燥肌・アトピー肌・敏感肌・・・肌トラブルには様々ありますが、いちおうに言えることは、肌細胞がきれいに並んでいないということが言えるんですね。どういうことかと…

記事を読む

アトピーの原因はさまざま

アトピー性皮膚炎というのは、原因が様々なため”コレが効く!”という決定打がないのが問題なんです。

主な原因は、やはり生活習慣が知らず知らずのうちに、何らかの体内の異常を引き起こしていることでしょう。



私の友人の話ですが、彼は高校までアトピーがひどく、それが元で小学生の時などはよく他の生徒から避けられていました。

気の毒ではありましたが、あの当時アトピーは”伝染る”と言われていたため、みなが彼との接触を避けていましたね。



そんな彼も、地元の岡山を離れ、四国の大学へ合格して一人暮らしをすることになったんです。

するとどうでしょう。
あんなにひどかったアトピーは、四国に住み始めてから1ヶ月ちょっとでほとんどなくなったんです。

その前後の事は彼の話で知っただけですが、ちょうど大学1年の終わりごろに地元で会った時は、ほんとうに普通の肌になってましたから、大変驚きましたね。


数人で会ったのですが、小学校で一緒だったのは私だけだったので、一応角が立たない程度に聞いてみたんです。

「オマエ、肌きれいになったじゃん。」って。


そしたら彼は、

「うん、徳島に住みだしてからなぜか治った。」


原因とか、治った要因については全くわからないそうです。

彼の例を見る限り、おそらく環境の変化だけだと思うんですよね。



例えば、実家の壁紙や布団などに要因があったとか、床の材質だとか、食生活だとか。
一人暮らしをしてそれらが全て変わってしまったため、どれが原因というものはわからないんですが、広島に住んでいる現在でも、彼はアトピーを発症することなく、48歳の彼の肌は、昔アトピーがひどかった人とは思えないほど、ほんとうにふつ〜の肌になってます。


かくゆう私自身も、岡山時代は毎年、足が倍になるくらい”しもやけ”と、止めどなく出る鼻水と、異常なほどの目のかゆみの”花粉症”がひどかったんですが、広島に住みだしてから一度もしもやけにならなくなりましたし、花粉症もまったくなくなりました。

今でも全く再発してません。


このように、何が原因かはわかりませんが、環境を変えることでアトピーが治る事も多々あるようですが、だからといって簡単に環境を変えるつまり、引っ越しを繰り返す事などできるはずもないですから。


今の環境を変えずにアトピーを少しでも軽くするためには、やはり今までの治療だけでなく、少しアプローチを変えた治療方法を試してみる事も必要なのかもしれません。


男の紫外線対策は簡単明快でもいい!



 タグ

みんなの肌潤糖は、浸透力に差あり!

正常な肌は、皮脂が皮膚表面をまんべんなくうっすらと覆っている状態。

肌を外気からの刺激から守るために、皮脂がうっすら覆うことが大切ですが、皮脂にはもう一つ重要な働きがあります。

それは、皮膚表面の水分を逃がさずに保湿しておく、ということです。

乾燥肌の人は、皮膚の細胞がガタガタになって整然と並んでいないために、皮脂が正常に出なくなっていますから、外気の刺激を受けやすくかゆみを生じやすいと同時に、皮膚の細胞の水分をも失いやすくなっています。

保湿が出来ていない肌細胞はますます機能を失い、皮脂はさらに出にくくなり、かゆみを生じます。
かゆいからかく、さらに細胞が壊れる。

こういった悪循環に陥ってしまっているわけです。

乾燥肌やアトピー肌の人は、ステロイド系の薬を塗って保湿に励んでいると思いますが、実はそれは根本的に乾燥肌を改善することにはならず、たんにかゆみを生じるのを一時的に防いでいるだけです。

乾燥肌・アトピー肌の肌を根本的に改善するためには、表皮や真皮にまでたっぷりと水分を行き渡らせて、それを保持することを長期間行うことが必要になってきます。

たっぷりの水分を補い、それを長期間維持し続けることで、自己治癒力で肌は元通りの健康な肌に戻ろうとします。

みんなの肌潤糖は、もともと浸透力の非常に強い砂糖をさらに浸透力をアップさせる各種自然派オイルでコーティングしているわけです。

みんなの肌潤糖をかるく水で溶いてそれを肌に塗ることで、乾燥して水分を失った表皮や真皮の細胞までたっぷりと水分を行き渡らせることが可能です。

もちろん、みんなの肌潤糖で肌の深層部にまでしっかりと水分を浸透させた後は洗い流すわけですが、洗い流した後はしっかりと保湿をしておくことを忘れないように!

みんなの肌潤糖は薬ではないので、保湿に使うのは病院から処方されたステロイドなどを併用してもかまいません。

みんなの肌潤糖はこすりつけた後は肌の深層部までしっかりと潤っている状態なので、その状態をずっとキープすることが大切。

しっかり水分補給し、しっかりと保湿キープをする、これが乾燥肌やアトピー肌の正しい改善方法なんです。

肌深層部にまでたっぷり水分!みんなの肌潤糖





乾燥肌を改善するには、改善方法のアプローチを少し変える

乾燥肌・アトピー肌・敏感肌・・・

肌トラブルには様々ありますが、いちおうに言えることは、

肌細胞がきれいに並んでいない

ということが言えるんですね。

どういうことかというと、肌というのは体の内側から、

皮下組織 ⇒ 真皮 ⇒ 表皮

最も外側にあって、常に空気に触れている部分が表皮となります。
表皮の表面には、うっすらと皮脂が覆っていて、この皮脂が外部からの刺激(ばい菌、細菌、ウィルス、ほこりや空気中のゴミや粒子)から表皮を守っています。

普通の肌の人は、そのうちの特に真皮と表皮の細胞が整然と並んで機能しているため、いつも適量の皮脂が皮膚の表面を覆っているので、外部からの刺激を受けにくいんです。

刺激を受けにくいためかゆくならない ⇒ かかない ⇒ 特に問題ない

ということです。

対して乾燥肌の人というのは、真皮と表皮の細胞がなんらかの原因でガタガタの状態で並んでいるため、肌の機能が上手く働かず、肌の表面に均一な皮脂が作れないという状態の肌なんです。

皮脂が覆っていない部分があるため、その部分は表皮が直接外気に触れて刺激を受けるためにかゆみを生じてしまいます。

かゆい ⇒ かく ⇒ ますます表皮の細胞が荒れる ⇒ 皮脂がはがれる ⇒ かゆい ⇒ かく ・・・・

このような悪循環になり、それが長引くと肌細胞のでこぼこ並びが慢性化してしまうため、常に肌トラブル状態となってしまうわけです。

だからこそ、保湿!保湿!なんです。

肌の深層部にまでしっかり保湿成分が届く!みんなの肌潤糖なら届く!
Copyright © カサカサかゆい赤み肌 アトピー肌に奇跡の肌砂糖を All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

電気自動車のデメリット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。